TOP > クリマテ
 

『cli・ma・te (クリマテ)』は、ソーラーれんをはじめとする太陽熱エネルギー利用の普及を目的として自然エネルギー研究所が開発した、設計者向けのシミュレーションプログラムです。

 自然エネルギーを建築にうまく取入れるためには、その立地における気象条件、利用の規模や構造、また気密や断熱の程度をうまくコントロールする必要があります。このため技術や経験がとても重要です。

 残念ながら、技術や経験は
一朝一夕に手に入りませんが、この不足の一部は設計段階で建てものの性能を予測することによって補うことが可能であり、クリマテはそうした目的で開発されました。

 建てものの設計データ、すなわち屋根の幅や長さ、外壁や窓の面積、断熱程度などを入力すると、

 

1.

その建てものの 断熱程度を表す固有の数値である 熱損失係数・Q値(W/m2 h degC) はいくらか
(= Q値計算プログラム

   
2. その建ものが集められる熱はどのくらいか
(= 集熱計算プログラム
   
3. それらを基に、ある室温条件を満たそうとするときの 補助暖房量はどのくらいか
(= 熱量予測プログラム
   

などの予測計算ができるので、進行中の設計にもっとも適した、もっともコストパフォーマンスの高い手法を選択することが可能です。

 

 パッシブシステムにおいては、全体のバランスが結果を決定しますから、例えば補助暖房を減らしたいと考えるとき、断熱を強化することも集熱量を増やすことも同じような結果をもたらします。設計改善の方法は複数存在するので、設計を検討し、さまざまな具体的手法を選択していくときにクリマテは役に立つでしょう。

  この他、気象概要プログラムでは、計画地の気象概要をグラフ表示し、年間を通じた計画地の気象概要を把握することで、暖房の必要な期間やお湯採りの出来る期間、設計の方針をたてることを助けます。

 クリマテは、Microsoft の表計算ソフト Excel 上で動作し、それぞれ単独で、または連続して利用することができます。

[ LAST UPDATE Sat, 2009-07-25 17:28 ]
Copyright (C) 2008 NATURAL ENERGY INSTITUTE Inc. All rights reserved.