TOP > クリマテ > Q値計算プログラム
   

【クリマテ・Q値計算プログラム】

 ● バージョン:
 version 1.50

 ● 動作に必要なソフト:
 Microsoft Office Excel 2000 or 2003
※ Excel for Mac では動作いたしません。またExcel2007 での動作に問題が報告されています。

 ● ソフトの種類:
 フリーソフト ※ 登録が条件です
 配布を停止しています。

お問合せはこちらから
 

 

長期優良住宅のためのクリマテQ値計算プログラムを使った講習を開催します。 講習では実際にプログラムを使用しながら、熱損失係数の考え方やプログラムの使い方を学びます。

詳しくは コチラ

※ Q値についてコラムは コチラ



● 建物の熱負荷は太陽熱を利用する・しないに関わらず、室内外の気温差と断熱の程度で決まります。建物の断熱程度を表す指標、建物固有の数値である熱損失係数(Q値ともいい。単位は W/m2・h・degC)は、

室内外の気温差が1℃ある状況が 1時間続いたとき、床面積1m2につき、建物から逃げる熱量

を示しています。つまり熱損失係数(Q値)が小さいほど逃げる熱量が少ない = 断熱程度がよい建物といえます。

● 建築の内と外の境となる、熱的境界面(壁・窓・天井・床など)の面積を入力することで、Q値を算出できるほか、算出された各部と全体の値は、その地域の次世代省エネルギー基準値と比較・判定することができます。

※Q値計算、集熱計算、熱量予測プログラムはひとつのエクセルブックにまとまっています。




 
[ LAST UPDATE Mon, 2010-03-08 18:32 ]
Copyright (C) 1998-2009 NATURAL ENERGY INSTITUTE Inc. All rights reserved.