TOP > news > 『省エネルギー性』算定プログラム講習会

 省エネルギー基準に適合するには、省エネルギー基準に適合するには3種類の方法がありますが、一般的には [性能基準]に適合するか、[仕様基準]に適合するかどちらかになります。では、[仕様基準]を満たせば[性能基準]にも適合する家ができるのでしょうか?[性能基準]と[仕様基準]は同等なものなのでしょうか?

 答えは「NO」です。環境に配慮するという本来の目的からすれば[性能基準]で評価する方が適切といえますが、Q値の算出は手間がかかるので便宜を図るために[仕様基準]がある、と考えてよいでしょう。しかし逆に考えると[性能基準]に適合すれば、必ずしも[仕様基準]を満たす必要はありません。その意味ではQ値で適合させる方が設計の自由度は高くなりますし、本来の目的にもより近づくことができるでしょう。必ずしも複層ガラスにしなくてもよいかもしれないし、真壁も可能かもしれません。いくつかの工夫により基準値そのものを補正(=引上げ、緩和)することもできます。

 この講習会では、シミュレーションソフト『クリマテ』を設計のツールとして使用し、長期優良住宅に求められる性能の1つである「次世代省エネルギー基準」をみたすために、熱損失係数の考え方やプログラムの使用方法について学びます。

講習内容
1.   長期優良住宅に求められる性能とは
2.   『省エネルギー性』の認定基準とは
3.   シミュレーションソフト『クリマテ』とは
4.   Q値判断基準の緩和について
5.   認定申請について
6.   空気集熱式ソーラーシステム『ソーラーれん』について
 
日時: 毎月第2木曜、13:30〜16:30
費用: お一人様¥3万円
※プログラムは講習後、お持ちかえりいただけます。受講人数に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい。お問合せはコチラ

※ 空気と熱をデザインする話に、Q値についてコラムを掲載しました。詳しくは コチラ から

[ LAST UPDATE Wed, 2011-01-19 16:42 ]
Copyright (C) 1998-2010 NATURAL ENERGY INSTITUTE Inc. All rights reserved.