top > 特集「愛知県立芸術大学」top > 見学会+パネルディスカッション内容

在大規模なキャンパスの建替えが計画されている愛知県立芸術大学。吉村順三氏の設計により名古屋市郊外の丘陵地に自然に寄り添うように建てられた同校の見学会とパネルディスカッションを行います。

 

開校から44年を経たそのランドスケープと建築群は時を重ね、現在建築に従事する皆様にとって新たな感動を与えてくれるのではないでしょうか。愛知県芸術大学の見学後には、松隈洋氏(京都工芸繊維大学教授)、櫃田伸也氏(元愛知県立芸術大学教授)、道家駿太郎氏(大阪工業大学教授)、永田昌民氏(N設計室)をお迎えして、吉村順三氏と愛知県立芸術大学の設計についてパネルディスカッションを行います。

 

[左写真:開校当時の愛知芸大 ]
当初の計画では、将来の増築用地とされた手前の森。

 

 

● 日 時:

平成22年6月12日(土)
11:30〜18:00 (受付11:10より)

● 場 所:

見学.... 愛知県立芸術大学(愛知県愛知郡長久手町)

シンポジウム&懇親会....  名古屋クレストンホテル
             (愛知県名古屋市中区栄3-29-1)

● 参加費:

見学会&シンポジウム.... 4,000円(税込)/人
見学会,シンポジウム&懇親会.... 9,000円(税込)/人

● 定 員:

150名(先着順)

● 問合先:

自然エネルギー研究所(担当:竹本)
TEL: 03-3952-9861/ FAX: 03-3952-9862
(受付:月〜金 10時〜17時)
email: agk0612@passivedesign.com

※メール件名は「6/12愛知芸大見学申込」としてください。
※受付後、詳細のご案内と振込先をファックスいたします。
※スケジュールは、申込書をご覧下さい。

 


[右写真: (上)講義室棟  
(中)学生ホールと図書館  
(下)美術学部棟]  

愛知芸大キャンパスの実施設計に参画

【経 歴】
1967 東京藝術大学美術学部建築学科卒業
1969 東京藝術大学大学院美術専攻科建築専門課程修了
1969 (株)地域計画・建築研究所を経て
2000 (有)建築地域環境研究所設立

大阪工業大学工学部空間デザイン学科教授
住宅性能評価員
(社)日本建築家協会近畿支部京都会会長
京都市景観デザイン協議会委員

愛知芸大キャンパスの実施設計に参画

【経 歴】
1967 東京藝術大学美術学部建築科卒業
1969 東京藝術大学美術学部建築科修士課
    (吉村順三研究室)終了
1971〜73 東京藝術大学美術学部建築科非常勤講師
1976 益子義弘(現・東京芸術大学教授)
    とM&N設計室を設立
1984 N設計室に改称、現在に至る

愛知芸大絵画科の元教授

【経 歴】
1960〜66 東京藝術大学及び大学院に学ぶ
      (同大助手として'69年迄勤務)
1975〜01 愛知県立芸術大学勤務('96-教授)
1979〜80 文化庁芸術家在外研修員(パリ)
1984 名古屋市芸術奨励賞受賞
1985 第28回安井賞受賞
1990 文部省在外研修員(ニューヨーク、パリ)
1992 個展 梅田近代美術館(大阪)
1994 個展 西武アートフォーラム(東京)
1994, 96 「モダニズムの系譜
     日本橋高島屋、梅田近代美術館(大阪)
1995 「戦後文化の軌跡」目黒区美術館、広島市現代美術館他
1997 「東京インターナショナルアートフェスティバル'97」
     東京国際フォーラム(東京)
1997〜98 個展 ギャルリーユマニテ(東京、名古屋)
2001〜09 東京藝術大学美術学部油画研究室教授
 

DOCOMOMO JAPANメンバー。
2005〜06 「生誕100年・前川國男建築展」
        実行委員会事務局長を務める

【経 歴】
1980 京都大学工学部建築学科卒業後、
   前川建築設計事務所に入所
2000 京都工芸繊維大学 助教授着任
2007 京都工芸繊維大学 准教授着任
2008 京都工芸繊維大学 教授着任

工学博士。 専門は近代建築史、建築設計論 。 著書に『近代建築を記憶する』、編著に『前川國男―現代との対話』など。同志社大学、東京理科大学、京都造形芸術大学非常勤講師。

<-- 自然エネルギー研究所TOPへ
[ LAST UPDATE Thu, 2010-07-15 17:45 ]
Copyright (C) 1998-2010 NATURAL ENERGY INSTITUTE Inc. All rights reserved.